御蔵島の島桑



「日本の森と木の職人」(西村栄明著 ダイヤモンド社)と言う本が面白い。

ミズナラ・欅・檜・杉・竹・など、日本の銘木と、

それらで家具や楽器などを巧みに作り出す職人や木工家の話です。

その中でも、「御蔵島の島桑と江戸指物師・木村正、琵琶職人・石田不識」

のページは興味深かった。

「桑」は用材として、茶道具や指物家具に使われますが、

中でも御蔵島産「島桑」は幻の銘木と最高の扱い。

高貴な色艶と幽玄な木目。時と共にべっこう色に変化してゆく様は

世界でもっとも美しい木材の一つでしょう。

その島桑を使って指物家具を作り出す職人さんを桑物師と言って、

木村さんは代表の一人です。

また、古典楽器、琵琶も島桑材が最適で、

石田さんは日本で数人しかいない琵琶職人です。

「島桑」は私のもっとも好きな素材で、

「島桑家具」は我が工房でも製作しています。

「島桑」のちょいと面白い話題があるのですが、

長くなるので叉、次回に。