気品に満ちた普通の人々/映画「山河ノスタルジア」

大好きな中国の監督、ジャ・ジャンクー氏。

その新作を見てきた。

中国映画「山河ノスタルジア

衝撃的な事件や映像で私を夢中にさせた前作「罪のてざわり」から打って変わって、

中国で生きる庶民を静かなメロドラマタッチで描いた新作「山河ノスタルジア

男と女、友達と恋人、親と子など、どこにでもいる人々の心の動きを、

過去(スタンダードサイズ)・現在(ビスタサイズ)・未来(シネマスコープ

と3つのエピソードを映画画面を違えて描いている。


1999年 山西省・汾陽<フェンヤン>。

小学校教師のタオは、炭鉱で働くリャンズーと実業家のジンシェンの、

二人の幼なじみから想いを寄せられていた。

やがてタオはジンシェンからのプロポーズを受け、息子・ダオラーを授かる。

2014年 タオはジンシェンと離婚し、一人汾陽で暮らしていた。

ある日突然、タオを襲う父親の死。

葬儀に出席するため、タオは離れて暮らすダオラーと再会する。

タオは、彼がジンシェンと共にオーストラリアに移住することを知ることになる。

2025年 オーストラリア。

19歳のダオラーは長い海外生活で中国語が話せなくなっていた。

父親と確執がうまれ自らのアイデンティティを見失うなか、

中国語教師ミアとの出会いを機に、かすかに記憶する母親の面影を探しはじめる―。

躍動するダンスシーンに象徴されるように、3人の友人関係から、

一対一の恋愛関係変わっていき、お互いのエゴがむき出しになる青年時代。

自分の親と自分の子。その上下の関係に心が移っていく中年時代。

そして、異郷の地で子は親を思い、親はすべての過去を思いめぐらす壮年時代。

この監督の市井の人々を見つめるまなざしのなんとキメの細かいことか。

そして俳優たちもそれに答え、自然で控えめな人物たちを演じ、深い共感を与えてくれる。

加えて、珍しい自然風俗描写と音楽が私たちをその時代その場所へいざなっていく。

もう、素晴らしいの一言。

やさしさと気品と、ほどよい異国感を持ったこの映画に包まれて、

極上の時間を過ごすことが出来た。

<静岡シネギャラリーで7月9日(土)~22日(金)>