団地族に疑われ異星人に助けられる / 映画「団地」

あの傑作映画「顔」に続く

阪本順治監督× 藤山直美主演の新作と聞いて、

期待したのですが・・・。


藤山直美岸辺一徳濱田マリら芸達者が揃って、

空気に染まりやすい団地族(人間)の醜態が

面白おかしく描かれていた前半は

秀逸の映画だったけれど、

後半、話がSFになって行くあたりからだんだんつまらなくなる。

だって、斎藤工ひとりだけで、その他の空気を読めない異星人に

団地族程の面白さがないんだもん。

主人公夫婦が団地族や異星人に翻弄される姿が

喜劇になるんでしょうに。

宇宙船の中と外の対比も、もう少し工夫してくれなくちゃぁ。

あれでは予算が無くて、異次元の世界が構築出来なかった

ふうにしか想像できない。

それはともかく、疑い深く疎外感が深まる人間関係と、

人助けと恩返しに努める異星人との関係の対比がいい。

そして、人情がらみのSFになってハッピーエンド。

天から何かが落ちてきて、元の家族になったんですね。

(静岡シネギャラリーで8月⒓日まで)