世の中はまずは自分の為にあり/映画「ブルックリン」

帰りたいほどに安らかな故郷

捨てたいほどに煩わしい故郷

異民族の中で習慣の違う人との

愛があっても貧しく不安定な人生に未来を託すか?

暮らしを共にし心置ない仲間たちの中での

愛する人と平凡であろうこれからに満足するか?

ふたつの国(アイルランドアメリカブルックリン)

ふたりの男性(ジムとトニー)の間で揺れながらも、

前を向いて生きていく、等身大のヒロインの物語。


美しい映像と魅力的な風俗と丁寧な人物描写ではあるけれど、

テレビドラマレベルの都合のいいストーリー展開に物足りなさも。

それにしても、故郷を捨て親を捨て、恋人までも二股かけて、

他人の非難にもめげず、自分で選び人生を切り開いていく主人公の爽快さ。

オシャレなラストシーンも自分勝手なヒロインの姿そのままなんだけれど、

自立した女性なら彼女の生き方に大いに共感できるでしょう。

若い時、まずは自分の幸せを求めのは男の私でも解るなぁ。

若い女性で溢れていたこの映画「ブルックリン」の上映会でした。