今年(2017年)観た映画・・・少な~い

今年は秋以来気分が優れず、

好きな映画を観る気がしなかった。

見落とした話題作が多く残念。

 

アメリカ映画「スノーデン」(オリバー・ストーン監督)

アメリカ映画「沈黙-サイレンス」(_マーティンス・コセッジ監督)

日本映画「彼らが本気で編むときは、」(荻上直子監督)

アメリカ映画「ラ・ラ・ランド」 (デミアン・チャゼル監督)

台湾映画「クーリンチェ少年殺人事件」(エドワード・ヤン監督)

アメリカ映画「ムーンライト」(バリー・ジェンキンス監督)

イギリス映画「私はダニエル・グレイグ」(ケン・ローチ監督)

アメリカ映画「メッセージ」(ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督)

日本映画「彼女の人生は間違いじゃない」(廣木隆一監督)

日本映画「夜空は最高密度の青色だ」(石井裕也監督)

 

改めて思うのは、

若者が主人公の映画が良かったこと。

 

f:id:kittsan:20181104103758p:plain

「彼らが本気で編むときは」

彼女の人生は間違いじゃない

「夜空は最高密度の青色だ」

 

この3本の日本映画は

同調圧力が充満するストレスフルな社会の中で、

今に生きる若者の不安と自信を

誇張なくポジティブに描いていて気持ちが良い。

 

日本映画は今、俳優も監督も見事に世代替わりして

多様なスタイルの映画が花開いているのではないか。

 

外国映画ではアジアの映画が少なく、

特に世界で評価の高いフィリピン映画

静岡では一本も公開されないのにはがっかりした。

 

来年も良い映画に巡り会えますように。