自分の子供が選挙に出たなら・・・。

明日はいよいよ参議院議員選挙投票日。

序盤戦からここへ来て、私の関心事が大分変わってきた。

先週末、娘たちが帰省して選挙の話になった。

東京では例の、三宅洋平氏が大フィーバーしているらしい。

私たち家族は時々政治的なことも話題になり、選挙に興味がないことはなく、

たぶん皆選挙に行かなかったこともないと思う。

そんなことを私のfacebookに書き、候補者の看板の写真を載せたら、

ある知り合いから、「静岡選挙区5人の内、ポスターがない人がいる。

ポスターを出さないのも戦術?」とコメントを頂いた。

それまで、その人(大嶽創太郎氏)については近所にもポスターがなく、全く無関心だった。

ところがある日、県庁の前を通ったら、彼のポスターがあった。

それも、他の候補者とぜ~んぜんタッチの違った、あか抜けたセンスのポスター。

へ~?と思ったことと、知人のコメントがドッキング。

それからネットなどで、大嶽氏のことを調べ始めた。

大嶽創太郎氏 33歳 無所属

 元モデル、現ジャーナリスト

 安保法反対、改憲阻止など、どちらかというと野党的考え。

 バンドを使用したトークで街頭演説をしている。

 なんか、三宅洋平氏のシズオカ盤のような気もする。

彼のblogを覗いたら、とても素晴らしいことが書いてあった。

その理由 (参院選 静岡 無職属 立候補 について)

http://ameblo.jp/sotarobta/entry-12178142060.html

>僕は文章を書くことが大好きです。

>文章を自分の頭で思考し言葉や表現に迷いながら言語化していく

>その時間を愛していると言っても過言ではありません。

>僕が書いた文章と貴方との間には適度な距離があって

>僕は貴方に問いかけることができる。

>また笑わせたり怒らせたり時にひどく傷つける事もできる。

>文章=言葉、文字には魔法のような力が宿っています。

>人の感情に訴え届かせる。これは表現の枠組みを超えて

>モノづくりする人に(アーティストや文筆家に)許された特権です。

>毒にもならない文章はつまらない。ペンは武器よりも強い。

>文章には色々な特性がありますし、僕は jornalist ですが

>何よりそれ以前に”物書き”であるー言葉の魅力に魅了された一人の男です。

>はいこれが僕の立ち位置です。

これって、私がblogを始めてから思っていることと全く同じ。

ますます共感と興味の輪が広がっていった。

・・・・・と同時にこんなことも考えた。

① 政治に無関心→ 政治に関心あり

② 選挙に行かない→ 選挙に行く

③ そして、自分が選挙に立候補する。

成人ならほとんど可能なこれらのこと。

それでいて私たち庶民には不可能なこと、を

彼は(無謀にも・失礼!)やってしまっている。

私達が政治に参加するって、本当はこう言う事なのかも。

立候補して、金使って、恥かいて、皆に迷惑かけて・・・。

そんなことを繰り返して、初めて政治の世界が解るんじゃないかな。

そう考えれば投票なんてお気軽花火。

立候補した当人にとってはテポドン級の人生体験になるのでは・・・・・。


それからは実際の大嶽氏のホンモノの姿を見てみたくなった。

7月8日夕方、静岡駅北口で街頭演説会がある情報を得て直行。

トーク自体はどうってことなかったけれど、(ごめんなさい)

仲間数人で選挙の運営をしていること。

人手がなくてポスターが貼り切れないこと。

文章はこれからもず~と書き続けていきたいこと。

などなど、聞かせていただいた。

準備不足、人手不足、経験不足、情報不足・・・、

言いたいことはたくさんあったけれど、こういうことは若者だからこそ出来る。

自分の子供(彼と同世代)が選挙に出たいと言ったら、

私はどうするだろう?

そう思いながら、大嶽氏と握手し、ツーショットに納まって、

彼のポスターを近所に貼ることを約束しながら、

街頭演説会場をあとにした、というわけです。