New!ビスケットキングへ 行ってきました。

嘗て、我が町番町地区(研屋町)にあった静岡一美味しい

ケーキ屋さんと評判の、知る人ぞ知る「ビスケットキング」。

2011年に店を閉じた後、半年後藤枝でオープンの予定、と聞いた。

しかしず〜と店は始まらず、最近までオーナーの動向も分からなかった。

それが2ヶ月程前、閉じた店の近くの家具屋の息子さんが、

「ビスケットキングいよいよ藤枝で店を開けるそうだよ。」

そんな噂を聞いてからしばらしくて、私のブログにコメントがあった。

「ビスケットキングが藤枝田沼にオープンしましたよ。」

藤枝の<名も無い通りすがりさん>紹介の静岡新聞の記事にも

日本料理家が独自のサンドイッチを出す店として紹介してあった。

(Kittsan流) また会う日まで! 我が街の「ビスケットキング」

http://kittsan.eshizuoka.jp/e783186.html

(こだわりサンド発売 藤枝の日本料理研究家が考案)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161105-00000021-at_s-l22

そこで、私は早速藤枝へ行ったついでに寄ってみました。

煉瓦の壁と木戸に覆われ中が見えない以前の店と打って変わって、

全面ガラス張り、すぐケーキ屋さんと分かる店構え。


こざっぱりした白衣とキャップで忙しく店内を切り盛りしている女性に

ショーケースにあるケーキをオーダーした。

そして「北村さん(オーナー)はいますか?」と尋ねた。

女性はキョトンとした顔をして、

「私ですけれど・・・。」

「えぇっ?、随分若くなっちゃって、分からなかった。」

「あの頃は生活苦で、ひどい顔してたんですよ・ ・ ・。」

笑って答えてくれた後は、色々思い出話に花が咲きました。


さて、買ってきたケーキはモンブラン、レモンタルト、クラシックショコラ、

それにシュークリームとアップルパイ。

モンブランを一口食べてすぐ分かった。

紛れもなくあの、ビスケットキングの味。

締めるところは締め、まろやかな所はあくまでもスウィートに。

硬めの台の上に、とろける程のマロン入りのクリームの糸。

見た目はトッピングも少なく、無愛想な位の姿だけれど、

レモンを隠し味にして、舌に残らない甘みは

まさに大人の為のケーキの再会でした。

藤枝のビスケットキングでは、友人の西堀さんの作るサンドイッチも

欲しかったけれど、それは売り切れ。

「静岡のお客さんがよく来てくれるんですよ。」

10月27日にオープンしたばかりでまだ藤枝では馴染みが少ないようだけれど、

その内行列が出来る様になるのでは、

と、ちょっと心配な新しいビスケットキングでした。

Biscuit King (ビスケットキング)

藤枝市田沼1-26-26 B アイランド 1FB

TEL 045-637-2010

10時~19時 月曜定休