ピアノコンサートで三つの有りえないハプニング

久し振りに妻とピアノのデュオリサイタルに行った。

会場は50人ぐらいのホールで、ピアノを囲むアットホームな雰囲気。

曲目はドビュッシーからストラビンスキーまで、

近代から現代への私のお気に入りの曲が揃っていた。


開演時間になって演奏者が入場すると同時に

ポポポポポ、ピピピピピッと、何処からか電子音が・・・。

「携帯の電源はお切り下さい。」のアナウンスがあったが鳴り止まない。

誰だろう?と思っている内に、はっと妻が私のバックを開けた。

あらら、そこで私のiPadが鳴っているではありませんか。

どうも誰かがFaceTimeで呼んだような形跡があった。

携帯も切ったのに、iPadから音が漏れたのは初めて。

不覚でした、ゴメンナイサイ。

前半最後の曲は私の大好きなラベル。

彼のえも言われない美しいピアノ曲マ・メール・ロア」が終わりに近づいた頃、

斜め前方のご婦人が突然倒れかかる。

とっさに隣と後ろの男性が、椅子ごと抱えて場外へ連れて行った。

ざわざわしたけれど演奏はそのまま続けらて、私も曲が終わった後すぐ場外へ。

「大丈夫ですか?」

場合によっては心臓マッサージを必要になると思ったけれど、

幸い御婦人は意識を取り戻していて、ホッとした。

さて、一服して後半は大曲ストラビンスキーの「春の祭典」。

ピアノ連弾の為、2人のピアニストの指が交差し、何とも忙しい。

加えて楽譜めくりの担当者もいて、ピアニストが頷くとパッとページをめくっていく。

そのタイミングのいいこと。

不協和音に溢れ、演奏も終盤に差し掛かった時、演奏が突然止まった。

なんと、楽譜が倒れてどのページか解らなくなってしまったのだ。

ページを戻し、奏者が 「ここから。」と示して再びピアノが鳴り出した。

それから演奏は最後に向かって興奮のるつぼ化し、

演奏者も観客も一体となり、このハチャメチャ難曲の「春の祭典」にどっぷり浸っていった。

慌ただしくも二度と味わうことが無いだろう三つのハプニング。

いやいや演奏がどうのこうのと言う以上に

珍しい出来事で十分楽しませて頂いたコンサートでした。