私の腰痛(リハビリ)レポート その1

40代はスポーツウォーキング、

50代はエアロビクス。

少年時代はまともに的に向かってボールが届かなかった位の

運動オンチの小生が、20代になって身体を動かす爽快さに目覚め、

60代後半の今も運動を続けているのですが・・・・・。

2013年2月28日。

会社のショールームでお客様と雑談中、左後ろの腰の一部に違和感を感じた。

夕食を済ませたころからその部分に痛みが生じ、

そのうち立っていられないくらいの激痛が広がっていった。

寝られない夜を過ごし、翌朝は這ってトイレ行く始末。

これはたまらん、次の日は仕事どころか早々に整形外科病院に診察に出かけた。

腰椎4番と5番の間がつぶれているのがレントゲン検査で判る。

更に一週間後、MRIで調べてみるとその部分の血行が極端に悪くなっている。

「重度の脊椎間狭窄症です。」私の脊椎画像を見せて、整形医の診断があった。



そういえば、痛みが起きた数日前東京へ重い箪笥を運んできた。

また、その次の日もライティングデスクを市内のお客様へ納めている。

その頃腰への負担が大きい仕事が立て続けにあったせいかもしれない。

病院に通い始めてしばらく、妻が言った。

「ちょっと歩き方がおかしい。左足と右足で違っている。」

たしかに、左の腰から足にかけて痛みがあるのでかばうような歩き方。

次第に痛みが軽くはなってきているけれど、

激しい運動は無理のようで、泣く泣くエアロビ上級コースからは降りてしまった。

果たしていつかは、腰の痛は消えてくれるのだろうか。

・・・・・続く。